6 離婚編Press release

円満な離婚をサポート:日本初 ~離婚時に関わる10領域の専門家がチームで円満な離婚をサポートする「The Best Divorce」を発足

日本初 特定非営利活動法人 日本家族問題相談連盟(理事長 岡野あつこ)~離婚時に関わる10領域の専門家がチームで円満な離婚をサポートする「The Best Divorce」を発足

……………………………………………………………………………………………

夫婦問題研究家 岡野あつこが理事長を務める特定非営利活動法人 日本家族問題相談連盟では離婚に関する10領域の専門家がチームで円満な離婚をサポートする「The Best Divorce」を発足いたします。

最高の離婚~仲良し離婚を目指す

アメリカでは離婚後の夫婦・家族の関係をより良いものとするために、離婚に関する話し合いが始まったときから離婚に関わる専門分野のプロたちがチームで相談者をサポートし、離婚後の幸せまでを考え応援する『コラボラティブ・ディボース』という思想をもつ団体が早くから活動しています。
1991年より日本で離婚という危機に直面している夫婦に深く関わり、「相談者の幸せ」を目的とし3万件以上のカウンセリングを行ってきた岡野あつこは、日本流ザ・ベスト・ディボース「最高の離婚~仲良し離婚」を目指し、専門家によるコラボラティブ機関を組織し、悩んでいる相談者のためのトータル窓口を創りたい、とかねてから想い続けておりました。

離婚時に関わる10領域の専門家がチームで円満な離婚をサポート

日本での離婚時に関わる10分野(ファナンシャルプランナー、税理士、社会保険労務士、医師、離婚・心理カウンセラー、研究者、弁護士、司法書士、行政書士、探偵)のプロフェッショナルズがそれぞれの専門知識を活かし、相談者のプライバシーを守りながらベストな離婚を目指すべく協力連携し、離婚に瀕した早い時期から相談者の問題解決にあたり、より早く幸せな結果に導き出す必要があるのです。

【特定非営利活動法人 日本家族問題相談連盟について】

現代は、IT社会と言われるように複雑なハード面ばかりが先行する社会システムです。さらに経済的な不安的や震災の影響もあり、人々の将来への不安や希望の持ち方が難しい環境です。特定非営利活動法人日本家族問題相談連盟では、人が人らしく生きていくために基本的に必要な心のあり方やコミュニケーションの大切さの啓蒙・助言活動をしています。私たちが社会で生きていく際の最小単位である家族や男女の関係において、お互いに自立した関係を築きながら、夫婦や家族の絆を深め、心豊かな社会生活を促進していくことを目指しています。

【本件に関するお問合せ先】

特定非営利活動法人 日本家族問題相談連盟
担当:岸本
mail:info@nikkaren.com
電話:03-6274-8064
url:http://www.nikkaren.com/

Comment here